« 夏と温浴 | トップページ | 業態進化と精算方式 »

高齢化と温浴

高齢化する日本社会。
 
「これからは高齢者対応が重要になる」ということで、バリアフリー化や老眼鏡の設置、シルバー料金など、お年寄りに優しい施設とサービスを目指す。
 
これは誰もが思いつくことで、温浴業界に限らずよく聞く話です。
 
必要なことですが、それをしただけでは他に先んじることにはならないでしょう。
 
温浴ビジネスには、もっと大切な使命があると考えています。
 
高齢化社会になると、いわゆる生産年齢(15歳~65歳)が従属年齢を支え切れなくなってきます。そうなると、65歳以上を従属年齢とは言わず、いくつになっても現役で働き続けなければならない世の中になるのではないでしょうか。
 
年金もあてになりませんし、医療や介護も超高齢化社会を支えるには限界があると言われています。
 
いくつになっても現役で社会貢献を続けるためには、長寿であるだけではなく、健康で元気に生活できる状態であることが必要です。
 
そのためには、日頃からの健康管理が大切です。
 
健康管理といっても、誰もがスポーツクラブなどに通って運動習慣を継続できるとは限りませんし、健康食品やサプリメントなどの健康情報には本当に効果があるのかどうか怪しい商材があふれているのが実情です。
 
私は、「温浴習慣」こそが誰にでも顕著な効果があり、副作用がなく、シンプルで安価な、本物の健康法であると思っています。
 
そして、若さと元気を保つ健康法としての温浴が、これから重要な使命となってくると確信しています。
 
もちろん、「癒し」「リラックス」「憩い」「レジャー」といった役割がなくなるわけではありませんが、高齢化社会というトレンドをどう考え、どのように取り組んでいくのか、そろそろ行動すべき時機が来ているのではないでしょうか。

2

   

◆メールによるお問合せはコチラ>>>

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!(^O^)/

┘┘────────────────AQUTPAS Inc.

  株式会社アクトパス 代表取締役 望月 義尚
  〒104-0061東京都中央区銀座3-11-5 第2中山ビル7階
  TEL:03-3524-2681 FAX:03-3547-6126
 ・公式サイト: http://www.aqutpas.com/
 ・通販サイト(浴場市場): http://www.yokujoichiba.jp/
 ・Facebook: http://www.facebook.com/yoshihisa.mochizuki
──────────────────────┘┘┘

|

« 夏と温浴 | トップページ | 業態進化と精算方式 »

温浴業界の動向」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176318/61863382

この記事へのトラックバック一覧です: 高齢化と温浴:

« 夏と温浴 | トップページ | 業態進化と精算方式 »