« ニュージャパンイズム | トップページ | 人材の問題を解決するたったひとつの考え方(2) »

ユニットバスが日本をダメにしている?

Photo

 先日江ノ電極楽寺駅近くの民家の軒先で、放置された古い薪風呂を見かけました。
 
私が子供の頃には既に姿を消しつつあった木の浴槽。たぶん50年くらい前のものではないでしょうか。手入れをすればまだ使えそうな感じがします。
 
これがあれば、ガスや電気がなくてもどこでも風呂が沸かせるという優れモノです。
 
いまはこんな素晴らしい木工製品を生み出す技術を持った桶職人も少なくなっています。10年後には誰も作れる人がいなくなっているのかも知れません。
 昔は子供が水を運び、薪を燃やして風呂を沸かし、湯が冷めないうちにみんなが入浴するものでした。
 
子供はそうやって労働をおぼえ、大人から風呂の入り方や遊び方を教わりました。
 
日本人にくつろぎと癒しのひと時を与えてくれた木の風呂桶も、高度成長や核家族化とともにポリバス、ホーローバス、そしてユニットバスへと変化を遂げました。
 
その結果、家族で風呂を楽しんだり、身体の芯から温まるような入り方もしなくなって、日本人の公衆マナーも免疫力も低下する一方です。
 
ユニットバスやシャワーは便利ですが、電気やガス、水道の供給がストップすれば途端に使えなくなってしまうという脆弱さが潜んでいます。
 
ユニットバスが日本をダメにしている、というのは考え過ぎでしょうか?
 

◆温浴施設の損益最適化診断のご案内はコチラ>>>

◆簡易経営相談会(無料)のお申し込みはコチラ>>>

┘┘────────────────AQUTPAS Inc.
  株式会社アクトパス 代表取締役 望月 義尚
  〒104-0061東京都中央区銀座3-11-5 第2中山ビル7階
  TEL:03-3524-2681 FAX:03-3547-6126
 ・公式サイト: http://www.aqutpas.com/
 ・通販サイト(浴場市場): http://www.yokujoichiba.jp/
 ・Facebook: http://www.facebook.com/yoshihisa.mochizuki
──────────────────────┘┘┘

|

« ニュージャパンイズム | トップページ | 人材の問題を解決するたったひとつの考え方(2) »

温浴と健康について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176318/59758065

この記事へのトラックバック一覧です: ユニットバスが日本をダメにしている?:

« ニュージャパンイズム | トップページ | 人材の問題を解決するたったひとつの考え方(2) »