« 館内一体化で客単価アップ! | トップページ | お手軽ロウリュがついに実現! »

ロウリュブームへの臨界点

Loyly20130524

クリティカル・マス(臨界点)という考え方があります。

「ある現象が爆発的に進むために必要となる量の分岐点」という概念ですが、これをロウリュの普及にあてはめて考えてみると、そろそろ臨界点が近いのではないか?と思っています。

かつて、私が温浴業界に携わり始めた頃、大阪のニュージャパンサウナでロウリュを初体験して大きな衝撃を受けました。

当時日本でロウリュサービスを実施している温浴施設と言えば、大阪のニュージャパンサウナ、名古屋のサウナウェルビー、神戸スパ&サウナくらいしかなかったように記憶しています。

このブログの過去記事を見ると、2007年頃でも全国でロウリュを実施している施設はまだ20箇所以下であったことが分かりますが、それから6年経った現在は、もう全国で何箇所になったのか正確に把握できないくらい各地でロウリュサービスが行われるようになってきました。

しかし、まだまだ爆発的ブーム到来と呼べるところまでは到達していません。

日本人全体で言えばロウリュ未体験の人のほうが圧倒的に多いわけですし、そもそも温浴施設やサウナの良さをまだ知らない人がたくさんいるというのが現実です。

 実際に温浴施設がロウリュサービスを導入しようとした場合には、大きな2つの壁があります。

ひとつは設備の問題です。ロウリュとは、サウナストーンに水をかけて水蒸気を一気に発生させることですが、設備的に水をかけられないタイプのサウナストーブが多く普及しています。

この問題を解決するためには、サウナストーブの改造や交換あるいは追加といった対策がありますが、いずれも大きな設備投資が必要となるため、ロウリュ導入の最大のネックになっていました。

そこで、現在私ども株式会社アクトパスでは、直火で加熱するタイプの運搬可能な小型サウナストーブの開発に取り組んでいます。

昨日、埼玉県のスーパー銭湯で試作機の運用実験を行い、充分に実用に耐えることを確認できたところです。これからいくつかの改良を加えた上で、販売をスタートいたします。ついに、大きな設備投資をしなくても本格的にロウリュの実施が可能となるのです。

もうひとつの壁は、スタッフの負担です。熱いサウナ室で1回10分前後、1日に何回もロウリュサービスの実演パフォーマンスを行うことは体力的な負担が非常に大きく、スタッフが少ない、あるいは女性スタッフや年配スタッフ比率が高い施設では高頻度に定期開催することは難しいのです。

また、たくさんの人の前でパフォーマンスを行うのが性格的に難しいというスタッフもいます。

お客様もロウリュに慣れてくるとしっかりした強い熱風や楽しいパフォーマンスを要求しますので、中途半端なロウリュサービスではかえって不満の原因ともなりかねません。

これはロウリュサービスの開催頻度を少なめにしたり、技術とパワーが必要なタオルパフォーマンスを避けて、ウチワなどの道具を利用したりといった対策があります。さらには機械的に自動化したりする方法も登場してきています。スタッフの育成研修ならDVDを観せたり、私どもで研修のお手伝いすることもできます。

技術的な進化によって、壁は少しずつ乗り越えることができるようになってきたのです。

臨界点を超えて、日本にロウリュサービスを爆発的に普及させることは、私どもの目標のひとつです。それが実現した時、温浴マーケットは確実に今よりも大きくなっていると思うのです。

浴場市場『ロウリュサービス導入パッケージ』ですぐ購入できます。
 (解説DVD、専用桶&柄杓、アロマ芳香液、サービスマニュアルの4点セット)

ついに販売開始!スチームジェネレータ(蒸気発生器)「熱岩石」

┘┘────────────────AQUTPAS Inc.
  株式会社アクトパス 代表取締役 望月 義尚
  〒104-0061東京都中央区銀座3-11-5 第2中山ビル7階
  TEL:03-3524-2681 FAX:03-3547-6126
  公式サイト: http://www.aqutpas.com/
  通販サイト(浴場市場): https://www.yokujoichiba.jp/
●Facebookページにて温浴業界ニュース配信中。いいね!を
 お願いします→ http://www.facebook.com/aqutpas
──────────────────────┘┘┘

|

« 館内一体化で客単価アップ! | トップページ | お手軽ロウリュがついに実現! »

ロウリュ関連情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176318/57457942

この記事へのトラックバック一覧です: ロウリュブームへの臨界点:

« 館内一体化で客単価アップ! | トップページ | お手軽ロウリュがついに実現! »