« 温泉湯治の放射線レベルとは | トップページ | 温浴(冷水浴)で花粉アレルギーが治りました »

忘れることで同じ過ちが繰り返される

 大型連休後半となった5月3日、忘れ物を取りに東銀座の事務所に行ってきました。ふとGWの人出を見てみよう思い、いつもと違うJR有楽町駅からマロニエ通りのルートを歩いてみました。

小雨が降っていましたが、有楽町から銀座は、たくさんの人出で賑わっていました。東京に限って言えば、まだ節電で照明は暗いものの、消費者心理はずいぶん回復してきたのかも知れません。自粛ムードの反動か、大手百貨店の4月売上高は前年同月を上回ったそうです。

201105031626000

ちょうどメーデーでしたので、外堀通りでは労組のデモ行進があり、それに合わせて右翼団体と機動隊が小競合いを繰り広げ…メーデーならではの光景も見られ、本当にいつもと変わらない5月が戻ってきたようです。

でも小競合いを見ていて、正直思いました。異なる立場や利害をぶつけ合う、そのエネルギーがもったいない。それよりみんなで被災地のガレキを片付けに行ってはどうですか、と。

東日本大震災から53日。

いつの間にか、何事もなかったかのように日常が戻ってくる。街には喧騒と笑いがあふれ、TVではバラエティ番組が流れる。

いつまでも失ったものを嘆いたり、不安や恐怖で委縮しているだけでは復興はおぼつきませんから、精神的に立ち直ることは大切です。

しかし、試練を糧にして乗り越えるのと、忘れるのは違います。

私たちは、決して忘れてはいけないと思うのです。

たくさんの命が失われたことを。いまも、被災地ではお風呂にも入れず避難生活を続ける人たちがいることを。家族の行方が分からないままの人がいることを。まだ原発事故も終息していないのです。

チェルノブイリ原発から3.5kmしか離れていないところに住み、6歳の時に被曝したウクライナ人歌手、ナターシャ・グジーさんのメッセージと歌をあらためて聞いています。震災直後とはまた違ったメッセージを受け止めています。

「いつも何度でも」(ナターシャ・グジー)

「人間は、忘れることによって、同じ過ちを繰り返してしまいます。悲劇を忘れないでください。同じ過ちを繰り返さないでください。」

 

 

 

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!(^O^)/

┘┘────────────────AQUTPAS Inc.
  株式会社アクトパス 代表取締役 望月 義尚
  〒104-0061東京都中央区銀座3-11-5 第2中山ビル7階
  TEL:03-3524-2681 FAX:03-3547-6126
 ・公式サイト: https://aqutpas.co.jp/
 ・通販サイト(浴場市場): https://www.yokujoichiba.jp/
 ・Facebook: http://www.facebook.com/yoshihisa.mochizuki
──────────────────────┘┘┘

|

« 温泉湯治の放射線レベルとは | トップページ | 温浴(冷水浴)で花粉アレルギーが治りました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 忘れることで同じ過ちが繰り返される:

« 温泉湯治の放射線レベルとは | トップページ | 温浴(冷水浴)で花粉アレルギーが治りました »