« とりあえず行ってきます!【東日本大震災 被災地入浴支援計画】 | トップページ | その善意を止めないで »

経過ご報告【東日本大震災 被災地入浴支援計画】

Dscf6804

この度はドラム缶風呂プロジェクトにご賛同・ご協力いただきまして、誠にありがとうございます。

お陰様をもちまして、26日午前10時の時点で140口の募金とメッセージをいただいております。happy02

皆さまの熱い応援メッセージを背負い、3月27日には、「地震以来、避難所にいる被災者がまったくお風呂に入れていない」ということを市役所の担当の方とやりとりして確認していた福島県M市へとドラム缶風呂を運ぶ予定でおりました。

ところが、その後M市の状況が原発事故による屋内退避指示から自主避難を促すということに変わって、避難所から移動される人が増え、残る大多数はお年寄りばかりとなってしまったそうです。そうなると、水を運んだり、燃料が必要なドラム缶風呂を扱うのは難しいだろう、ということで結局ご辞退ということになってしまったのです。coldsweats02

ドラム缶風呂が活躍できる被災地とは、お風呂に入れない状況にあることはもちろんですが、
・水が確保できていること
・木材などの燃料を集めてこれること
というような条件があります。こういった条件の被災地と連絡がつながり、ドラム缶風呂を持ってきて欲しい、という要請があってはじめて実施可能となります。

よく言われていることですが、災害支援は、こちらができることと、相手が望んでいることのマッチングが重要です。水や食料なら、どこの被災地でも大抵必要ですのでどこへでも持って行くことができますが、ドラム缶だとそういうわけには行きません。望まれていないのに大きなドラム缶を持っていけば、いくら善意であっても、使えなかったり、かえって迷惑になってしまったりする可能性があります。

M市は地震と津波の被害に加えて、原発事故の直接的な影響も受けている地域だからこそ、何とかお力になりたかったのですが、辞退となっては仕方ありません。

 トラックにメッセージを書いたドラム缶を積み込み、あとは行くだけというところまで準備ができている段階で、急遽他の搬送先を探すことになりました。

被災地の市役所や避難所に直接電話したり、東北地方の知り合いをあたったり、さまざまなルートを駆使しましたが、まだ断水が続いていて水が確保できなかったり、ガスが復旧したのでもう大丈夫です、ということであったり、現地の事情はさまざまで、なかなか「欲しい!」というところとつながらず…。

少々焦ってきたところでようやく宮城県石巻市でボランティア活動の拠点となっているところから「持ってきて欲しい」という要請が来て、すぐに出発しました。

2日前に全線開通したばかりの東北自動車道は、一部地震の影響でできた段差の補修跡が走りにくかったものの、SAのガソリンスタンド以外は渋滞もなく、東京から石巻専修大学まで約460kmの道のりを順調に届けることができました。

対応していただいたボランティアの方の話によると、瓦礫の山となっているような被災地は、普通の車で入ると簡単にパンクしてしまうんだそうです。対応していただいたボランティアの方の車は、4つのタイヤ全てが順番にパンクしたと話してくれました。

ボランティアのみなさんは、誰が何をするのかが組織されているようで、私達が到着した時も、小さなミーティングがいくつも行なわれていました。ボランティアの方達のしっかりとした様子が大変頼もしく感じました。

ドラム缶風呂の設置と使用方法にについて説明したら、ボランティアの方は
「昨日も地元の方に『ドラム缶ない?ドラム缶があったらお風呂にしちゃうのにな』と言われたところでした。このへんは漁師町でたくましい人たちなので、ドラム缶があったら自分たちでつくっちゃうだろうけど、このドラム缶は綺麗に塗られているし、縁もちゃんと処理されていていいですね!」
と喜んでくれました。

ボランティアの方々も、もう1週間お風呂に入っていないそうです。被災者なら2週間も…。お風呂でさっぱりとして、少しでも元気を取り戻してもらいたいものです。

今回の石巻へのドラム缶搬送で、お寄せいただいた募金と使った経費がだいたい同じ額になりました。今後もドラム缶設置要請が続くようであれば、またあらためてご協力の呼びかけをしたいと思います。

さて、今後の対応ですが、被災地へのドラム缶風呂設置のご要望があれば、出来る限りの対応をしたいと思います。

丁度この文を書いている最中にも、連絡を取り合っていた福島県いわき市の災害対策本部から電話があり、「ドラム缶風呂を検討しておりましたが、本日自衛隊のお風呂が設置されることとなり、また周辺の温浴施設で復旧したところもでてきたので、バスで移動して入浴できそうです!」とのことでした。

被災地の状況は刻一刻と変化しております。もし被災地でドラム缶風呂が欲しいというご要望がありましたら、遠慮なくおっしゃってください。また「あの地域でドラム缶風呂を必要としているよ!」という情報がありましたら、ぜひ弊社にお知らせください。

できる限り最速で手配して、現地に運びたいと思っております。

Dscf6807

┘┘────────────────AQUTPAS Inc.
  株式会社アクトパス 代表取締役 望月 義尚
  〒104-0061東京都中央区銀座3-11-5 第2中山ビル7階
  TEL:03-3524-2681 FAX:03-3547-6126
  公式サイト: http://www.aqutpas.com/
  通販サイト(浴場市場): http://www.yokujoichiba.jp/

 ●株式会社アクトパスFacebookページ「いいね!」を
  お待ちしております! https://www.facebook.com/aqutpas
──────────────────────┘┘┘

|

« とりあえず行ってきます!【東日本大震災 被災地入浴支援計画】 | トップページ | その善意を止めないで »

(株)アクトパスのこと」カテゴリの記事

コメント

> shiho様
分かりました!大至急手配いたしますので、どうかもう数日だけご辛抱ください。

以下、確認事項です。

避難所には水はありますか?

燃料になるようなもの(木材など)はありますか?

入浴用と湯沸かし用で男女2本ずつ、計4本のドラム缶を持って行こうと思います。設置するとしたら屋外になるかと思いますが、目隠しになるテントのようなものはありますか?

現地まで、車(トラック)でアクセスできますか?

とりいそぎ。よろしくお願いいたします。

投稿: 望月 | 2011年4月 5日 (火) 18:56

こちら宮城県東松島からの書き込みです。

近所の避難所にお風呂がありません。皆さんお家が流されてしまった方ばかりです。

収容人数は60人ほど。

市内に自衛隊が作ってくれた入浴施設がありますが、車がない人も多く(しかもまだ燃料が不足しています)、外出も出来ません。 よろしければ支援お願いいたします…!

費用の面は要相談ですが…。あと1ヶ月もすれば、仮設住宅が完成しますが、それまでは恐らく入浴出来ないでしょう。

ご検討願います。

投稿: shiho | 2011年4月 5日 (火) 18:01

> 佐藤様
コメントありがとうございます。ぜひ協力させてください。

投稿: 望月 | 2011年4月 2日 (土) 13:02

こんにちは。昨日、南三陸町に五右衛門風呂を搬入してきました。まだまだ小規模避難所では自衛隊のお風呂が使えないので、五右衛門風呂はとても貴重です。ドラムカン風呂の情報もその前に持っていたらと残念でなりません。来週、再び行きますので、よろしければうちのトラックに載せていきます。下記が私のブログです。活動報告もここで行っております。よろしくご検討下さい。http://blogs.yahoo.co.jp/nonkikonkigenki

投稿: 佐藤隆司 | 2011年4月 2日 (土) 10:58

>かつら様
とんでもないです。何かできないかとジタバタしているだけですから。
また次の動きを準備しています。次はもっと大きな動きにしたいと思っています。

投稿: 望月 | 2011年4月 1日 (金) 08:49

望月様、ご回答ありがとうございました。また、被災者への支援もどうもありがとうございました。心より尊敬いたします。

投稿: かつら | 2011年3月31日 (木) 22:56

> 火口山つよし様
設置は平らな場所にコンクリートブロックを横置きで4~6個置き、その上にドラム缶を置くだけです。固定はしないので、倒れないように注意が必要ですね。

> かつら様
設置したのは石巻専修大学です。ただし、そこから被災地に運ばれていく予定でしたので、現在大学に残っているかどうかは分かりません。

投稿: 望月 | 2011年3月31日 (木) 08:22

はじめまして、石巻に住む先輩のためにドラム缶風呂の設置場所についてお尋ねしたいのですが、石巻専修大学に設置したのでしょうか?場所をもしよかったら教えていただければ幸いです。

投稿: かつら | 2011年3月31日 (木) 00:25

はじめまして。
火口山つよしと申します。
僕も石巻市にボランティアに入って来ました。
女川町〜雄勝町にかけて活動しました。
貴殿の「石巻・漁師町」で同じ所に行かれたのでしょうか?
被災地を離れても気になります。
ぜひとも、向こうの状況を教えてください。

ドラム缶風呂について質問があります。
ドラム缶の固定はどうされているのでしょうか?

投稿: 火口山つよし | 2011年3月30日 (水) 08:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176318/51247594

この記事へのトラックバック一覧です: 経過ご報告【東日本大震災 被災地入浴支援計画】:

» ドラム缶お風呂プロジェクト開始!ご協力を! [♪おいしい楽しい自然食はじめましょ♪]
先日メルマガでもお願いしたのですが、友人が以下のような [続きを読む]

受信: 2011年4月 7日 (木) 17:26

« とりあえず行ってきます!【東日本大震災 被災地入浴支援計画】 | トップページ | その善意を止めないで »