« 四期目の決算日 | トップページ | ロウリュサウナの進化 »

体質と体調

「体質」と「体調」という言葉があります。これは似たような使い方をされることがありますが、全く違う概念です。

簡単に言うと、体質とは生まれ持った身体の特徴であり、体調とはしばしば変化する身体の状態のことです。

体調は環境や食事など様々な原因によって刻々と変化するのですが、体質は遺伝や胎児期~乳幼児期の生活で決定してしまい、なかなか変わらない…とマクロビオティック教室で教わりました。

そこから考えると、企業体質もトップの資質や性格、そして創業期の状態でほぼ決定してしまい、そう簡単には変わらないものと考えるべきなのでしょう。

業績が低迷している。現場のモチベーションが下がっている…。これらは体調ですので、変化させることが可能ですが、どのような手を打つべきなのかは企業体質を見極めた上で決定しなければ、他の企業で成功した手法であっても思うように効果が出なかったり、いつまでも定着しなかったりということにもなりかねません。

いま、開業以来一度も黒字が出ていない、ある大型温浴施設の事業再生に取り組みつつあるのですが、まさに事業の体質そのものを改善しない限り、健全化はできそうにありません。

今まで自分はコンサルタントとして、あらゆる企業体質や経営状態に対して最適な対処ができていたのか?と考えると、正直言ってまだまだと思います。経営学やいろいろなビジネス書にも、そのようなアプローチで深く掘り下げたものはあまりなかったように思います。

集客不振だから販促やイベント、従業員のレベルが低いから教育研修、資金繰りが悪いから資金調達、老朽化したからリニューアル…というような対症療法的手法だけでは、短期的に苦痛から逃れることはできても、本当に企業を健全化することはできません。

生物には、外的あるいは内的な変化に影響されながらも身体の秩序を安定した状態に保とうとする力(ホメオスタシス)が備わっている、とその昔学校で教わりました。

社会(家庭、地域、企業、国家…)も、ヒトの集合体である以上、同じように本来はいつも健康になろうとしているはず、と思うのです。一時的に病むことはあっても治ろうとしているはずであり、本当に大切なことは対症療法ではなくて、体質と体調を見極め、不健全化の原因を取り除き、免疫力や自然治癒力を高めることだと思います。

あまりにも巨大で奥の深いテーマなので、どこまで究明できるのかは分かりませんが、いろいろなヒントが自分の中でつながりつつあります。これからが楽しみです。

┘┘────────────────AQUTPAS Inc.
  株式会社アクトパス 代表取締役 望月 義尚
  〒104-0061東京都中央区銀座3-11-5 第2中山ビル7階
  TEL:03-3524-2681 FAX:03-3547-6126
  公式サイト: http://www.aqutpas.com/
  通販サイト(浴場市場): https://www.yokujoichiba.jp/

 ●株式会社アクトパスFacebookページ「いいね!」を
  お待ちしております! https://www.facebook.com/aqutpas
──────────────────────┘┘┘

|

« 四期目の決算日 | トップページ | ロウリュサウナの進化 »

温浴事業経営について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176318/48023201

この記事へのトラックバック一覧です: 体質と体調:

« 四期目の決算日 | トップページ | ロウリュサウナの進化 »