« 信頼や共鳴はテクニックではつくりだせない | トップページ | 水質といってもいろいろありまして »

温浴施設にテレビを設置するべきかどうか

 今まで、この質問を何度受けたことでしょう。

いつも、私の考えはすぐには言わないようにしています。施設のコンセプトを考えてもらうには非常に分かりやすく、良い機会だからです。

 実際には、ほとんどの温浴施設にTVが設置されていると言っても良いでしょう。

温浴施設にはたくさんのTV設置が可能な場所があります。ロビーや飲食コーナー、休憩コーナー、TV付きリクライナー、サウナ、露天風呂…TVがあれば、お客さまはそれを観ることでしょう。

しかし、TVを設置したからと言って集客が増えているわけではないと思います。

街頭テレビの時代ならともかく、今どき誰の家にだってTVくらいありますし、携帯でも見れる時代です。TVがあることが、「温浴施設に行きたい」動機付けにはならないのではないでしょうか。

Yakyuuたしかに、世間が注目するビッグニュースがある時や、オリンピック、ワールドカップなど一大イベントがある時は、温浴施設の集客が落ちる傾向があります。

TVに集客を奪われるのを少しでもカバーする意味で、施設にTVが設置されていれば、来店してそこで観てくれるのでは、という期待はあります。

これは「行かない理由」をひとつ減らしただけで、「行きたい理由」が増えたわけではないのです。

上記のようなビッグニュース・ビッグイベントの時を除けば、お客さまがTVを観ている理由は「つまらない、退屈だから」に過ぎないのではないでしょうか。

もしTVを撤去した時に「つまらない、退屈」な時間しか提供できないとしたら、それこそが問題なのではないかと思うのです。

以前あるスーパー銭湯で、「露天風呂にTVを設置したら、お客さまから大好評でした。」と言われたことがありました。たしかにそういう声もあるのかも知れませんが、私個人としては、露天風呂とは風を身体で感じたり、鳥のさえずり、虫の声が聞こえたりする場所であって、TVを見る場所とは思いません。

その場所にTVが置いてあることで、非日常的な時間を過ごしたり、静かにくつろいでリラックスしたいと期待していた人は、クレームを言わず黙って去って行っているのではないでしょうか。

周りに自然環境がない露天風呂でも、かがり火のゆらめく炎を眺めたり、風鈴の音が聞こえたりといった演出は可能だと思うのです。

Tree 「お客さまに何を提供したいのか」「どんな時間を過ごしてもらいたいのか」を思う時、もう一度本当にテレビが必要なのかを考えてみて欲しいのです。

館内に1台もTVを置くべきでないとまでは申しません。しかし、どこに何台置くのか、どんな番組を流すのかといったことは慎重に考えないと、安易に自らの存在意義を否定してしまう(行かない理由をつくる)ことにもなりかねない問題だと思っています。

┘┘────────────────AQUTPAS Inc.
  株式会社アクトパス 代表取締役 望月 義尚
  〒104-0061東京都中央区銀座3-11-5 第2中山ビル7階
  TEL:03-3524-2681 FAX:03-3547-6126
  公式サイト: http://www.aqutpas.com/
  通販サイト(浴場市場): http://www.yokujoichiba.jp/

 ●株式会社アクトパスFacebookページ「いいね!」を
  お待ちしております! https://www.facebook.com/aqutpas
──────────────────────┘┘┘

|

« 信頼や共鳴はテクニックではつくりだせない | トップページ | 水質といってもいろいろありまして »

温浴ビジネスのマーケティング」カテゴリの記事

コメント

confidentこんにちは!

私もテレビは大反対派です。
花和楽の湯は頻繁に利用させて頂いてますが、確かに「テレビが欲しいな、、、、、。」と思った事は一度たりともありません。
何を求めて温浴施設に行くのか、特に私の場合は物販業、とりわけ接客、人(お客様)との会話や販売、洋菓子の製造、従業員とのコミュニケーション、等々、気が休まる暇もなく毎日が明け暮れています。
毎日毎日、「人」と接していると1日何も考えずにただ「ボーーー」っとする空間が欲しくて堪らなくなります。そんな欲求を満たしてくれるのが花和楽の湯の存在です。

利用させていただき、リラックスすると、翌日から「よっしゃーーー!!」と仕事に意欲が沸いてきます。

「花和楽の湯」の施設の中で、もし「テレビを置こう」、「さてどこへ置こうか」と考えた時,、、、、、、思いあたる場所がありません。

それほど「花和楽の湯」の施設は完璧だと思います。

「花和楽の湯」のお客様は多分同じ意見の持ち主の方が多いと思います。

テレビがなくても、「花和楽の湯」には日々ドキュメンタリータッチの「非日常的で、静かな時間、リラックスできる場所」を演出してくれている、まるでテレビで見るドラマのような空間が広がっていると思ってます。


そこではお客様は決して飽きてる暇などあり得ないとも思います。


PS、いつも利用させて頂いて、リラックスさせていただき、又自分の商売にも色々応用させて頂いてます。

「答えは人でした!」

大変勉強になりました。

これからもお互い頑張りましょう!

不二家桶川店  店長 小林照雄

私もブログ開設しています。是非ご覧ください。

http://blogs.yahoo.co.jp/fujiya_peko7

投稿: 不二家桶川です! | 2009年7月31日 (金) 20:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176318/45742401

この記事へのトラックバック一覧です: 温浴施設にテレビを設置するべきかどうか:

« 信頼や共鳴はテクニックではつくりだせない | トップページ | 水質といってもいろいろありまして »