« インフルエンザ対策 | トップページ | 所有と経営と運営と »

ファミレスに学ぶ子供客対応力

 大型連休に突入し、レジャースポットはどこも家族連れで賑わっています。温浴施設でも、GWは夏休み正月と並ぶ集客のビッグチャンスです。

いままでも何度か「子供客」というテーマについて書いてきましたが、ちょうどシーズンですので、またこのテーマについて考えてみたいと思います。

 先日、娘と某ファミリーレストランに行きました。

四歳になる娘はまだ行儀が悪いので、普通の飲食店に連れていくとこちらが疲れてしまうのですが、ファミレスなら子供客を積極的に受け入れておりますので、気楽なのです。

そこでふと、「最近のファミレスは子供客対応で何をしているのか?」を思い出してみました。

パッと目に見える部分だけですが、

  • エントランスにガチャガチャを設置
  • 売店に玩具やお菓子
  • キッズドリンクバーが安い、三歳以下は無料
  • キッズドリンクバーにプラスチック製のカラフルで割れないコップ
  • 子ども用の小さなスプーン、フォークを用意
  • キッズメニューにクイズなどを入れて楽しませる
  • ランチョンマットにキャラクターのぬり絵や迷路など
  • 紙製の使い捨てエプロンを用意
  • 店内に玩具や絵本、筆記具などを用意
  • 子ども用の椅子や、高さ調整用のブースターチェアを用意
  • トイレに子供用椅子やオムツ交換台
  • 料理を持ってきてもいたずら盛りの子供の前にはいきなり置かない
  • キッズメニューの注文にシリーズのおまけをつけ、コンプリートのためのリピートを促進

…といったように、ちょっと数えてみてもたくさんの取り組みがあることに気づきます。

 不振が伝えられるファミレスチェーン業界ですが、それでもこれだけのことをしています。

温浴施設のレストランで、ここまで子供客対応が徹底しているところはまだ少ないでしょう。

この時期、温浴業界でもイベントなどで子供客やファミリー客を狙った集客しているところは少なくありませんが、販促だけでは家族客も他の客層も満足度を上げることはできません。

子供を受け入れる以上は徹底的に対応を強化する、そうでないなら大人の満足度を追求する。いずれのスタンスをとるにしても、そこには明確な意思が必要と思っています。

【関連記事】
子供比率を考える 20090404

まだまだ青いのぅ、オレ… 20080720

ファミリー・エンターテイメント 20080611

┘┘────────────────AQUTPAS Inc.
  株式会社アクトパス 代表取締役 望月 義尚
  〒104-0061東京都中央区銀座3-11-5 第2中山ビル7階
  TEL:03-3524-2681 FAX:03-3547-6126
  公式サイト: http://www.aqutpas.com/
  ONLINE SHOP: http://www.spa-net.jp/

 ●株式会社アクトパスFacebookページ「いいね!」を
  ご登録はこちら→ http://www.aqutpas.com/mm/
──────────────────────┘┘┘

|

« インフルエンザ対策 | トップページ | 所有と経営と運営と »

温浴ビジネスのマーケティング」カテゴリの記事

コメント

大変、お久しぶりです。
今回も、非常に勉強になりました。
確かに、中途半端が1番駄目なのかも知れません。
子供を受け入れるなら、ガチャガチャやコインゲームなど必要なのかも知れませんね。
子連れの方も、そう言った場所を選ぶでしょうし、付帯利益に繋がるかも知れないと思います。

投稿: 休息館 | 2009年5月 1日 (金) 11:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176318/44841373

この記事へのトラックバック一覧です: ファミレスに学ぶ子供客対応力:

« インフルエンザ対策 | トップページ | 所有と経営と運営と »