« 表のハイコスト裏のローコスト | トップページ | ふたたび安近短 »

温浴業界の大淘汰時代

 最近弊社に温浴施設の売却のご相談が次々と寄せられています。2年前に創業した頃は岩盤浴開業のご相談が同じように続々と舞い込んできたものですが、昨今の時流変化の激しさには驚かされます。

Onyokuzougen  かつての温浴施設開業ラッシュからちょうど10年が経過していますので、大規模な修繕やリニューアルの時期でもあり、追加投資して事業継続か、売却かという岐路に立つ施設が増えているのでしょう。(グラフは年度別業態別の温浴施設の増減数を示したものです。)

この点はある程度予想していたことなのですが、さらに昨今の燃料や仕入れのコスト高や不況感等々によって、事業の先行きに見切りをつけての売却という事情もありそうです。これは正直ここまで厳しいものになるとは想定外でした。

 これからの時代に生き残れる温浴企業とは、

  1. 運営力によって客単価を向上させられる力
  2. リピート客をしっかりつかめる力
  3. コストをきっちりコントロールできる力

という3つの力を持った企業です。

そうでない企業は、次々と市場から撤退を余儀なくされる厳しい時代に突入したということを、ご支援先の現場で日々感じています。

しかし、厳しい状況ではありますが、打つ手が何もないわけではありません。むしろまだまだ手つかずのことが沢山あるのです。

この経営環境の変化は、温浴業界がもう一段階進化できるかどうかの試金石なのだと思っています。

温浴施設の業績改善可能性診断」のお知らせはコチラ>>>

【セミナーのお知らせ】
・お客様は何を求めているのか?「温浴施設 集客力の本質」セミナー 10月15日開催!

┘┘────────────────AQUTPAS Inc.
  株式会社アクトパス 代表取締役 望月 義尚
  〒104-0061東京都中央区銀座3-11-5 第2中山ビル7階
  TEL:03-3524-2681 FAX:03-3547-6126
  公式サイト: http://www.aqutpas.com/
  ONLINE SHOP: http://www.spa-net.jp/

 ●株式会社アクトパスFacebookページ「いいね!」を
  ご登録はこちら→ http://www.aqutpas.com/mm/
──────────────────────┘┘┘

|

« 表のハイコスト裏のローコスト | トップページ | ふたたび安近短 »

温浴業界の動向」カテゴリの記事

コメント

いつになく真面目ですな~。かえって不気味だ。何かあったんでしょうかね?

投稿: 望月 | 2008年7月 9日 (水) 14:28

生き残る企業の三つの力。
他業種にも当てはまりますね。


個人にも。
自分自身を振り返り、生き残る企業人について考える一時を頂きました。

いつになく真面目…。

投稿: michikosama | 2008年7月 9日 (水) 14:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176318/41764549

この記事へのトラックバック一覧です: 温浴業界の大淘汰時代:

« 表のハイコスト裏のローコスト | トップページ | ふたたび安近短 »