« ikiサウナ発売開始! | トップページ | ニーズとウォンツ »

ファミリー・エンターテイメント

 昨日は東京ディズニーランドへ、今日はディズニーシーへ視察に行きました(妻と娘同伴ですが)。

開業から25周年を迎えて年間25,424千人(平成20年3月期、ディズニーランドとディズニシー合計)という圧倒的な集客力を誇るディズニーリゾートには、いつ行ってもたくさん学ぶことがあります。

 今回は「ファミリー・エンターテイメント」というコンセプトを意識して観察しました。

「家族客をターゲットにする」という考え方は、温浴施設に限らず様々な業種でよく聞く話ですが、具体的には何をすることなのでしょうか?

子供を楽しませ、親切にする。子連れの親も喜ばせ、親切にする。子供を集客すれば親もついてくる…

ここまでは誰もが考えつくことですし、いろいろな企業で様々な形で実践されています。これはファミリー客対応という考え方です。

 しかし、「ファミリー・エンターテイメント」とは、単に家族客へのサービスを強化することではありません。親と子のふれあい、対話、家族の思い出づくりといったシーンを徹底的に演出するコンセプトのようです。

以前マネジメント・ファクトリーの芳中晃さんに

「どうしてイッツ・ア・スモールワールドにそれぞれの国名表示がないか分りますか?」

と質問されたことがあるのですが、今回その意味がよく理解できました。

 ディズニーが圧倒的な人気を保ち続ける理由…そこには、装置産業から脱却しようとする温浴ビジネスにとって、参考になるヒントがたくさんあるようです。

Tdl2 Tdl1_2 Tdl3 Tdl4_2 Tdl5

┘┘────────────────AQUTPAS Inc.
  株式会社アクトパス 代表取締役 望月 義尚
  〒104-0061東京都中央区銀座3-11-5 第2中山ビル7階
  TEL:JP +81 335242681 Call FAX:JP +81 335476126 Call
  公式サイト: http://www.aqutpas.com/
  ONLINE SHOP: http://www.spa-net.jp/

 ●株式会社アクトパスFacebookページ「いいね!」を
  ご登録はこちら→ http://www.aqutpas.com/mm/
──────────────────────┘┘┘

|

« ikiサウナ発売開始! | トップページ | ニーズとウォンツ »

温浴ビジネスのマーケティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176318/41501490

この記事へのトラックバック一覧です: ファミリー・エンターテイメント:

« ikiサウナ発売開始! | トップページ | ニーズとウォンツ »