« 情報化社会とは監視社会、イジメ社会なのか? | トップページ | 夢を夢のままで終わらせない »

温浴vsフィットネス、年間新規開業件数比較

 以前大阪のニュージャパン観光さんのお手伝いをしている時に、「サウナの常連さんがフィットネスクラブに行きだすと、サウナにあまり来なくなる」という話を教わったことがあります。

ニュージャパンサウナは隣接するビルでフィットネスクラブも経営しており、サウナとフィットネスクラブが通路で接続されているのですが、異業種ながら同じ健康やリラクゼーションを提供するサービス業として競合関係でもあるのです。

 最近フィットネス業界のことを調べる機会があったのですが、年間の新規開業の件数が発表されているのを見て、ふと温浴業界と比較してみたくなりました。

New_open_2 統計は直近のデータはなかなか出てこないので、2001年までの比較になりますが、面白い傾向が見て取れます。

フィットネスクラブは、1985年から89年まで1年間におよそ200クラブが新規出店するという空前のフィットネスクラブブームに湧きましたが、その時期は温浴施設の開業が減少しているのです。

そして90年代半ばから後半にかけて、フィットネスクラブは年間20~40件しかオープンしないという冬の時代を迎えていますが、その頃温浴施設は開業ブームになっています。

いったん落ち込んだフィットネス業界が2000年以降に盛り返してきたのは、施設開発や運営のノウハウがレベルアップしたためと言われています。

比較のためグラフには載っていませんが、フィットネスクラブの新規開業は2005年に106件、2006年は499件と、完全に第二次成長期を迎えています。特に最近は小規模サーキットトレーニングジムが急増しており、この新業態が業界の牽引役を果たしています。

 はたして、温浴業界はどうなのでしょうか。直近のデータはまだ統計がないので感覚でしかありませんが、最近の新規開業のペースは少し鈍ってきているように思います。

特に昨年から今年にかけては建築基準法改正による確認申請の遅れもあって、かなり新規開業件数は減ることでしょう。

 温浴業界もかつてのフィットネス業界のように、これから厳しい時代を迎えるのかも知れません。それを乗り越えるのは、ノウハウの成熟や新業態です。弊社もうかうかしてはいられません。

 

┘┘────────────────AQUTPAS Inc.
  株式会社アクトパス 代表取締役 望月 義尚
  〒104-0061東京都中央区銀座3-11-5 第2中山ビル7階
  TEL:JP +81 335242681 Call FAX:JP +81 335476126 Call
  公式サイト: http://www.aqutpas.com/
  ONLINE SHOP: http://www.spa-net.jp/

 ●株式会社アクトパスFacebookページ「いいね!」を
  ご登録はこちら→ http://www.aqutpas.com/mm/
──────────────────────┘┘┘

|

« 情報化社会とは監視社会、イジメ社会なのか? | トップページ | 夢を夢のままで終わらせない »

温浴ビジネスのマーケティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176318/40440809

この記事へのトラックバック一覧です: 温浴vsフィットネス、年間新規開業件数比較:

« 情報化社会とは監視社会、イジメ社会なのか? | トップページ | 夢を夢のままで終わらせない »