« 組織と個人 | トップページ | 温浴施設の価値(1) »

ピーク期だからこそ

Dscf0024_1  温浴施設では、夏休みの8月中旬に一年でも最大の集客ピークを迎えるところが少なくありません。このピーク時にこそ取り組んで欲しいことが3つあります。

  1. 集客しやすい時期だからこそさらに集客を
    多くの消費者が「風呂でも行ってさっぱりするか。」と考えているこの時期だからこそ、集客の仕掛けは非常に当たりやすくなります。販促費の費用対効果という意味でも仕掛け時なのです。もちろん新規客開拓の大チャンスでもあります。
  2. 次の時期へのリピート促進
    来ていただいたたくさんのお客様に次の時期にもリピートしていただく。そのためには忙しい中でも基本的な満足度の提供に努力するのはもちろんのこと、次回来店促進の仕掛けも重要となります。この繰り返しが普段の集客のベースアップにつながるのです。
  3. トラブル注意!
    客数が多く、忙しい時期ほど予期せぬトラブルが起こりがちです。キャパシティを越えた入浴者数によって水質への負荷が増大したり、暑い時期ですので食品衛生も要注意です。施設に慣れていないお客様も多く、事故の危険性は普段の何倍も高まっています。チェック体制を強化しつつ、全スタッフに注意を促しましょう。

頑張って暑い夏を乗り切りましょう!

 

★人気ブログランキングに参加しています。ここをクリックしていただけると一票が入ります。よろしくお願いいたします。
   ↓
 >>人気blogランキング

┘┘┘────────────────AQUTPAS Inc.
  株式会社アクトパス 代表取締役 望月 義尚
  〒104-0061東京都中央区銀座3-11-5 第2中山ビル7階
  TEL: 03-3524-2681 FAX: 03-3524-6126
  公式サイト: http://www.aqutpas.com/
  ONLINE SHOP: http://www.spa-net.jp/

 ●週刊温浴ビジネスキャッチアップ創刊しました。
  ご登録はこちら→ http://www.aqutpas.com/mm/
──────────────────────┘┘┘

|

« 組織と個人 | トップページ | 温浴施設の価値(1) »

温浴ビジネスのマーケティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176318/45555260

この記事へのトラックバック一覧です: ピーク期だからこそ:

« 組織と個人 | トップページ | 温浴施設の価値(1) »